基礎代謝をあげるナビ~カラダキレイ向上委員会~

サイトマップ

基礎代謝をラクラクあげる方法を大公開!

食事を工夫する

1日の摂取カロリーを減らすだけでは、太りにくいカラダはつくれません。

基礎代謝量を上げるには食べ物にも工夫を

本当にダイエットを成功させたいのであれば、高たんぱく食品をとりましょう。どんな食事を、どんな風にとるか?ちょっとした工夫で、基礎代謝量を上げることにつながります。

基礎代謝量を上げる食材

  新しい筋肉をつくるために必要な高たんぱく食品  
  • 牛乳、チーズ、ヨーグルト、ゆで卵、豆乳などの乳製品
  • 枝豆、豆腐、豆菓子、納豆などの大豆製品
  • 鶏肉など
  脂肪の燃焼を助けるマグネシウムを多く含む食品  
  • 海草(ひじき、わかめ、昆布など) 
  • アーモンドやナッツ類
  • 納豆、枝豆、豆腐など
  • バナナ
  • ホウレン草
  • 魚(特に鰹などの青魚)
  • 牛乳
  • 玄米(白米) など
  代謝活動を活発化させるビタミン(A、D、B1、B2、C)、ミネラル(鉄、カルシウム)  
  • 牛乳やチーズなどの乳製品 
  • 豆類
  • 緑黄色野菜

栄養素をバランスよく摂れないという方は、サプリメントの利用もアリだと思います。

基礎代謝量を上げる食べ方

食べ方も工夫することで差が出てきます。ちょっと気にしてみるのも良いかもしれません。

  • なるべく低カロリーのものから食べる
    お腹ペコペコで、ご飯を食べたい…のはわかりますが、野菜や汁物から順に食べましょう。
  • よく噛んで食べる
    自律神経の働きが高まり代謝量もアップ! 
    脳の満腹信号は20分以上噛み続けないと発信されないそうです。
    よく噛んでゆっくり食べると、満腹感も得られ、太りにくくなります。
  • 温かい料理を食べる
    特に夏は、冷たいものばかり食べないように気をつけましょう。
    カラダを冷やすと代謝が悪くなります。
  • 食事は抜かずに1日3食とる
    朝食は充分とり、夕食を控えめにがポイント。
    ストレスなどで、ついつい夜中にあれこれ食べたくなりますが、ぐっと我慢を。
    太りやすくなりますよ。